Blog

英語が難しいと感じている方も多いかもしれませんが、単語の意味や使い方が理解できれば、英会話ももっと楽しくなりますから、今回は「Some」と「Any」の使い分けについてご紹介いたします。

英文では、数字を明確に書くことがありますが、個数が明確でない場合には「いくつか、どれか」という意味の「Some」や「Any」という単語を使うのです。

「Some」は「いくつか、いくらか」という意味であり、「Not」を使っていない時に使用し、ちょっと・少しや何人か・何個かなどで使用します。

「Any」は「いくらか、一つでも」という意味で、何も・何かしらという時に「not」を使用する英文で活用しますので、普段の英会話でも使ってみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。