Blog

英語ができる子どもを育てるためには、幼少期から英語を学ばせることが大切ですが、家庭でも英語が話せる環境づくりを行いましょう。

子どもとの日常的な会話で使えそうな言葉として、急いでという意味の「Hurry!」、どうしたの?という意味の「What happened?」、「Which one?」はどれ?、「OK!」はいいよ!という意味です。

気をつけてという意味の「Be careful」や、此処にいてという意味の「Stay here」、「Be quiet」は静かにしてという意味になります。

学校から帰ってきた子どもとの会話で、いつも通りの日本語ではなく英語使って話すようにすると、子どもも自然と英語が身に付けられるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。