Blog

スピーキングを上達させるためのヒントをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

発音で大切なことは、一文を一息で言えているかどうかということであり、日本語では単語と単語の間に息継ぎをしても何の問題もありませんし聞き手から相槌を貰えますが、英語の場合には途中で区切っても相手から相槌を貰うことはできないのです。

英語で伝えたいことは一息で言い切る事が大切ですが、一息で言うことが難しいのであればチャンク部分で息継ぎしても良いでしょう。

一息で伝えることに慣れるまでは、最初の段階できちんと息を吸って準備してから発言して、英語のペース配分も意識しながら喋ってみましょう。

英語は早口で伝えるのではなく、波を意識しながら伝えることが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。